珈琲と言葉

珈琲が時間を紡いでくれる(喫茶葦島)

コーヒーの味はコーヒーによって呼び出される幻想曲の味であって、それを呼び出すためにはやはり適当な伴奏もしくは前奏が必要であるらしい(寺田寅彦)

しかし自分がコーヒーを飲むのは、どうもコーヒーを飲むためにコーヒーを飲むのではないように思われる(寺田寅彦)